top of page
  • tyoshi456

とやまささえあい基金の助成決定!

当富山事務所の能登半島地震への対応活動に対して、とやまささえあい基金の助成先として、当富山事務所が5団体のうちの1団体として選定されました。

本当にありがとうございました。


以下は、まちスポとやま(NPO法人まちづくりスポット まちスポとやま)様のホームページからの転載です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

まちスポとやま

2024年3月25日 08:52

少しずつ春が近づいておりますね。富山県は4月間近にも関わらず最近雪が降りました。積もるほどではないものの、寒さもラストスパートという感じでしょうか。


【とやまささえあい基金・最終結果(3/20受付終了)】

先日「とやまささえあい基金」の募金の受付を締め切り集計しましたところ、寄付総額  370,300円 ※(内訳)クラウドファンディング「OCOS」での支援分 183,000円直接、現金又は振込での支援分 187,300円と目標を大きく上回る支援を賜ることができました。ご支援くださった皆さまには心より感謝申し上げます。


【「とやまささえあい基金」の助成先団体の決定】

3/20寄付受付終了後、集計金額を受けて3/21に外部有識者による助成審査を行いました。厳粛な審査の元、6団体に採択される運びとなりました。今回助成を決定するにあたり、地域事情、災害支援、助成事業の見識を有する外部有識者に審査をお願いしました。


富山県生活環境部 参事・県民生活課長 佐度 清 様

一般社団法人環境市民プラットフォームとやま 事務局長 堺 勇人 様

公益財団法人長野県みらい基金 理事長 高橋 潤 様

特定非営利活動法人岡山NPOセンター 代表理事 石原 達也 様


各審査員からは、各団体へのメッセージもいただいておりますので、下記の通り採択された団体のご紹介とともに、下記の通りご報告いたします。


◇第5号◇

団体名/所在地 一般財団法人メンタルケア協会富山事務所/黒部市

事業名     心のケアを行う無料相談活動

助成決定額金   50,000 円

◆審査委員総評

  • 被災者の心のケアへの大切な支援です

  • 被災者の心のケアは重要な役割であり、二次避難所と連携してこれまでの専門性を活かす取り組みは有効

  • 実績やご経験を活かされ、早い段階から⾏政等の公的⽀援が届きにくい精神的⽀援に着⼿され、きめ細やかな⽀援を社会的に考える上でも⼤変重要で素晴らしい活動だと感じます。今後の活動にも期待申し上げます

  • 専門資格を生かした優れた活動で、今後も被災者に寄り添った活動を続けて欲しいと思います

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

NHK「ニュース富山人」で放送!

昨日(3月13日)に輪島市から黒部市宇奈月温泉に二次避難されている方々に行った「ほっ!と相談」の様子をNHKの方々が取材に来られ、夕方から富山版で放送され、今朝(3月14日)には短く編集された内容で全国放送していただきました。 ありがとうございました。 二次避難されている間、毎週、避難されている方に寄り添う傾聴と対話を行います。 このリンクをタップしてください↓ 2次避難先の黒部市のホテルで避難者

Comments


bottom of page