top of page
  • tyoshi456

ストロベリームーン

6月の満月は、ストロベリームーン。

ウィキペディアには、「五大湖の西側に暮らすオジブワ族は、農耕狩猟が困難な森林地帯を生活の場とし、野生の木の実種子を採集する暮らしを送ってきたことから、その時に採集できるものをの呼び名としてきた。その中の1つにストロベリームーンがある。すなわち、イチゴの収穫時期に昇る月のことを指して呼んだ名称である。」とあります。

今年は、一昨日の6月4日がストロベリームーンでした。


そして、今朝の読売に、「66歳の6月6日に習い事を始めると上達する。・・・せめて来年の令和6年6月6日まで続けよう。」というような投稿が載っていました。

ネット検索すると、「古来より「芸事の稽古は、6歳の6月6日に開始するといい」と言われてきました。そのため、歌舞伎、狂言、能といった伝統芸能では今でも「初稽古」を6月6日に始めるならわしが残っています。」というのがありました。


さらに続きます。


「その由来は、室町時代に能を大成させた「世阿弥(ぜあみ)」が記した「風姿花伝(ふうしかでん)」という能の理論書にあります。

世阿弥は、この著書のなかで「数えで7歳、つまり6歳の年に習い事を始めるのが最もいい」と説明しているのです。続いて世阿弥は「この頃の稽古は、子どもがやりたいようにやらせるといい。そのなかで、どんな子でも生まれ持った美点が見えてくる。あまり細かく教えたり注意したりすると、やる気を失い能そのものが止まってしまう。基本動作だけをやらせて、それ以上のことができる場合でもあえて教えないほうがいい。

いきなり大舞台には立たせず、その子にふさわしい場面で得意な役をやらせるのがいい。」ということも語っています。」 〜 6月6日はおけいこの日!その由来や6歳が習い事始めにいい理由を解説 | 贈り物・マナーの情報サイト | しきたり.net (shikitari.net)


う~ん。

6歳で始めた習い事とは言えないけれど、小学1年生になった歳。

66歳の今、今日から何か習い事を始めるのも一興。

そんなことを考えながら、億劫がらずに今から朝のジョギングをしてこよう。



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

NHK「ニュース富山人」で放送!

昨日(3月13日)に輪島市から黒部市宇奈月温泉に二次避難されている方々に行った「ほっ!と相談」の様子をNHKの方々が取材に来られ、夕方から富山版で放送され、今朝(3月14日)には短く編集された内容で全国放送していただきました。 ありがとうございました。 二次避難されている間、毎週、避難されている方に寄り添う傾聴と対話を行います。 このリンクをタップしてください↓ 2次避難先の黒部市のホテルで避難者

Comments


bottom of page