top of page
  • tyoshi456

能登半島地震で被災された方との対話

更新日:2月11日

能登半島地震で被災された方のメンタル面での支援活動として、臨時の「ほっ!と相談」を氷見温泉郷「総湯」で行いました。

「総湯」では地震後の断水の影響で元旦から休業していましたが、1月13日からの営業再開に合わせて19日まで、避難者や災害ボランティアには無料で入浴を提供していました。

そこで当富山事務所では「総湯」さんの快諾をいただき、1月17日から19日までと1月31日から2月2日までの計6日間、「総湯」で「ほっ!と相談」を開設させていただきました。


1日に3~10名位の方に傾聴で寄り添い、お話しをお聴きしましたが、今も断水が続く石川県七尾市から入浴に来られた方が多く、

「今日、初めてお風呂に入りました。」

「身体は拭いていましたが、髪を洗ってすっきりしました。」

等と嬉しそうに話しておられました。


「総湯」での活動は新聞2紙にも掲載していただきました。



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

とやまささえあい基金の助成決定!

当富山事務所の能登半島地震への対応活動に対して、とやまささえあい基金の助成先として、当富山事務所が5団体のうちの1団体として選定されました。 本当にありがとうございました。 以下は、まちスポとやま(NPO法人まちづくりスポット まちスポとやま)様のホームページからの転載です。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ まちスポとやま 2024年3月25日 0

Comments


bottom of page