top of page
  • tyoshi456

能登半島地震で被災された方との対話

更新日:2月11日

能登半島地震で被災された方のメンタル面での支援活動として、臨時の「ほっ!と相談」を氷見温泉郷「総湯」で行いました。

「総湯」では地震後の断水の影響で元旦から休業していましたが、1月13日からの営業再開に合わせて19日まで、避難者や災害ボランティアには無料で入浴を提供していました。

そこで当富山事務所では「総湯」さんの快諾をいただき、1月17日から19日までと1月31日から2月2日までの計6日間、「総湯」で「ほっ!と相談」を開設させていただきました。


1日に3~10名位の方に傾聴で寄り添い、お話しをお聴きしましたが、今も断水が続く石川県七尾市から入浴に来られた方が多く、

「今日、初めてお風呂に入りました。」

「身体は拭いていましたが、髪を洗ってすっきりしました。」

等と嬉しそうに話しておられました。


「総湯」での活動は新聞2紙にも掲載していただきました。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

3月は全国45会場で「ほっ!と相談」

自殺対策基本法で強化月間として定められている3月、全国一斉に「ほっ!と相談」が行われます。 今年は45の会場での開催。 富山事務所では富山県民会館で2回、高岡ふれあい福祉センターで1回の計3回ですが、宇奈月の湯快リゾート宇奈月グランドホテルに二次避難しておられる方を対象に行っている毎週水曜日の「ほっ!と相談」も継続します。 どの会場も、必要とされる方が一人でも多く利用していただければと思います。

bottom of page